夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 381系(その24)

<<   作成日時 : 2017/08/11 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

遠心力の計算。
画像


詩仙堂モデリングがひと段落したので、再び振り子機構について検討。
今回は遠心力。



公式(f=mv²/r)に数値を代入して比較。
r=750o、m=290gとし、vは実車における80km/hと100km/hで算出してみたところ、80km/hで0.0168N。100km/hで0.047Nであった。
画像

画像

画像




今回の計算ではmが、振り子動作に作用しない台車(モーター付き)を含む重量なので精度が低い。
また車体を載せた時、振り子支点から上の重さは、床下を基準にすると負側(振り子動作を打ち消す向き)に働く。
振り子動作だけ考えるならば振り子支点を高くすれば振れやすいが、台車可動域の幅から車体裾の振幅量が規制されるので、振り子支点は実車と同じか、もしくは少し低い方が16番的には傾いた際の見た目と工作の難易度が低くなるので、振り子支点より上は軽く、支点から下は重い方が有利と考える。しかし速度と回転半径が一定なので、鉛直荷重が重すぎる場合は遠心力が負けるので傾かない。



完成車ではパンタや屋上機器、電装品や座席などが加わり、高さごとの重量計算の複雑さが増すので、完成状態に近い試作車で検討することが必要なようだ。



今日はここまで。



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆




【今日の空】
画像

最高気温24.2℃。梅雨明け宣言前の方が夏らしかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
381系(その24) 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる