夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 381系(その13) ほか

<<   作成日時 : 2016/08/21 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

振子梁の試作。
画像


振子梁を製作する上で注意を要するところは、回転梁のコロ上を滑らかに動くことである。振子半径の設計値は約R18.5oなので、その半径で滑らかな円弧を製作しなくてはならない。
何か手元にあるものでR18.5に近い円筒を探したところ、塗料ビンの直径が近似値だったので真鍮端材をビンに巻き付けてみた。しかしスプリングバックで目的の半径に仕上がらないので、
画像


もう一回り細い円筒を探したところ、マジックの胴に巻いてみたり、カッティングマット上を転がしたり試行錯誤の末、ほぼ狙ったものができた。
画像

画像

画像

測定していないが板厚はt0.3だと思う。



円弧部材が出来上がり、続いてその部材を固定する梁本体が必要。
再び端材を使い「I」字状にハンダ付けし、ケガキ線を入れてデバイダで円弧を描く。
画像

画像


そのデバイダが行方不明なので、ケガキ用のノギスで円弧を強めにケガキ、
画像
(中心はφ0.5oの穴)

そのケガキ線をカキで堀り切断。
画像

画像




こうして揃った部材をハンダで組み立て、振子梁が完成。
画像

画像

画像

画像

画像




台車に仮置きし、イメージチェック。
画像

画像

画像

画像




もう少し高さ方向を抑えれば、車内への突出量が少なくなる。(←検討課題)


1輌分できたので、足回りを組んで振子機能を確認してみたい。


今日はここまで。



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆




【街の花】
画像

画像

画像

画像





【今日の空】
画像

画像

台風11号による北海道の被害も大きいが、9号による関東への影響はどれほどになるのか心配。
出勤時が暴風雨の予報。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
381系(その13) ほか 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる