夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 485系1000番台「つばさ」(その35)

<<   作成日時 : 2015/08/13 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ランボードを試作
画像


今日から夏休み。
普段の疲れをマッタリとしながら取りつつも、模型熱は徐々に高まり、1000番台特有の耐雪カバーの付いたランボードを試作した。


特徴として、
・外側耐雪カバーは庇状のランボード下側に斜めの段差がある。
・内側耐雪カバーは裾に段差がある。
・ランボード端面はランボードと耐雪カバーの板断面が丸見え。

完成(量産)品では写真のように製造されている。
画像



これを自作する上で検討したことは以下の通り。
・何ピース構造で構成するか。
・プラ材では強度不足のため板断面を見せられない。
・真鍮板製の場合の板厚。
・真鍮板折り曲げるのか、すべて帯材で作るか。
・長く作るのか、あるいは点検扉ごとに短く分割するか。


これらを検証するために、まずt0.3プラ板を切り出し、内側耐雪カバーをサイズを変えて2種類試作したが、やはり板断面に拘りたいのでボツ。
画像



続いて手近にあったt0.3真鍮板で、長さ「30o折り曲げ」にて試作。
折り曲げ部は裏側にカキで溝を掘って曲げやすくし、愛用のヤットコで端から少しずつ歪が少ないように折り曲げ、最後に余白部を切断した。
画像

今回の試作で、4輌分すべてを折り曲げで作るのは非効率であることが、よ〜く分かったので、ランボードはチャンネル材を使い、内側耐雪カバーはアングルと帯材、そして外側耐雪カバーは折り曲げで作り、ハンダ付けで組上げることにした。


早速、材料手配。


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★



《曲げ角材》
前回、角材に曲げ癖をつけるためハタで塗料缶に固定した。
画像



ハタを外すと、
画像

画像

きれいに癖がついた。
今日は485系工作だったので、次回のモデリングで使用。


今日はここまで。


◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆




【代々木八幡 中華天宝】
飲み会帰りに同期と寄った初めての店。
餃子と空芯菜炒め物をつまみに紹興酒を一杯。
〆にラーメンとなり相方は「醤油ラーメン2/3」.
画像

私は店おすすめの「宝そば2/3」
画像

相方に「辛そーっ」と言われたが、それほどでもなく、ただ・・・


1/2で良かった。(=腹パンパン)


◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆



【今日の空】
画像

降ったり止んだり、蒸し暑い1日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
485系1000番台「つばさ」(その35) 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる