夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴蘭台ブロック擁壁の再建 と 掘り出し物

<<   作成日時 : 2013/06/09 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

切通し部のブロック擁壁の仕上がりが気に入らず、一度剥がして設置しなおした。
画像


ブロック擁壁は型枠に紙粘土を詰めて製作した物なので、乾燥過程での収縮率の違いから目地が合い難いと昨日記したが、乾燥後は全体的丸まってしまうために、裏にプラ段ボールを貼って、平面になるよう矯正したのだが、
画像

縁まで矯正できず、隣り合った縁同士が山状に盛り上がってしまい、瓦せんべいを並べたように波打った印象になってしまった。


それが気に入らず、一度すべてを剥がし、背面の矯正板も慎重に剥がし、別に切り出した1枚物の矯正板に張りなおした。
画像

昨日の状態より改善できた。

次の工区は抗門とのつながり部か?


今日はここまで。



◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



前回、実家の掃除をした際、懐かしいものが出てきた。
画像

エンジンのピストンで作った灰皿。

灰皿を裏返した、ちょうどこの状態でシリンダ内を上下する。
画像

側面の溝にはピストンリングが入る。

前の会社のイベントで、廃車部品を再利用して少しでも増収に結び付けようとして作ったもの。
実物はもっと長く200o位。それを適当な位置で切断し、シリンダ内面を旋盤で削って灰皿に化かした。

前任の先輩たちは、直線的に内側を削正したのに対し、私のはNC旋盤を使ったため、すべての面が曲面で構成されている。また煙草を置く溝は、未着火の煙草と半分程度吸った煙草の両方を実際に置いて、転がり落ちない角度を決めた。

これを150個くらい作り販売したと思う。

ちょうどこの機関車が活躍していた頃。
画像

30年前の掘り出し物。



◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



今日の空
画像



次男は診察の結果、噛み合わせを矯正することになった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴蘭台ブロック擁壁の再建 と 掘り出し物 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる