夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 内視鏡検査

<<   作成日時 : 2013/01/05 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、内視鏡検査を受けた。
画像

喉に違和感があり、地元の耳鼻咽喉科で診てもらった。
喉の視診、首リンパの触診の後、医師が「咽頭がんを気にしてるんじゃない?」と尋ねたので、直視して「はい、一番気がかりです」と答えると、看護婦に内視鏡を準備させた。

準備の間、咽頭がん患部の写真を示しながら詳しく説明してくれ、鼻腔から下咽頭まで診ることになった。

鼻腔から写真を撮影しながら徐々に奥に進むのが感じるし、所々で「はい、モニタを見てごらん」と言って映し出されている部位と状態を説明してくれた。そしていよいよ違和感を感じる部位に到達し、まんべんなく診て「ちょっと扁桃が腫れているが異常なし!」と告げ、検査終了。


身体にメスを入れたことは2度ほどあるが、自分の身体の中を見るのは、もちろん初めて。
胃カメラの時はゲホゲホした上、涙が止まらず生きた心地がしなかった。
けれども自分の年齢を考えると、職場の定期検診メニューだけで満足できないので、今年初めて人間ドックを受けようと思った次第。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無事で何より。
ブラックボックス
2013/01/06 17:13
宣告を受ける覚悟はできていましたが、声帯切除となった場合、その後の人生への不安は拭えませんでした。
その心配も空振りに終わりました。
エツ
2013/01/06 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
内視鏡検査 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる