夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウト_ピット内枠 & 息子の事 ほか

<<   作成日時 : 2012/12/22 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鈴蘭台(仮称)のピットに落とし込む内枠を製作。
画像


まず息子の事。
昨日の一件で、今日は沈み切っていた。あそこの医師ばかりか、医院の看護師も含めて信頼できないそうだ。

昨日の事を上司に詳しく報告し、今後の対応を相談するため、昼過ぎに勤め先に戻って行った。
言葉少なかった。
たまたま友達と映画を見て帰ってきた弟とじゃれあって、気を紛らわそうとしていたようにも見えた。

勤め先(寮)には連休でも残っている同僚がいるそうだ。
すでに8か月苦楽(本人は楽は無いという)を共にし、将来を語り合い、そしてもう少しで寮を出て、離ればなれになる同僚と居るのが、ひょっとしたら今、一番安らぐのかもしれない。


上司や先輩の中には、息子と同じ怪我を治療した人がいるそうだ。ぜひそうした人たちのアドバイスが受けられ、配属先で活躍できることを願っている。



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆



さて内枠。
材料は□18oの杉角材を使用。端部を45°に切り落とし、角部補強用の三角板を短辺に接着中。
接着部が固着したら、長辺材を接着して枠を構成する。
枠となったら内側にスタイロフォームを敷き詰めて、ピットの蓋となる。
既設の東山のピットも同じ構造で、軽量な上、樹木を植える際も固定しやすい。

今日はここまで。
台所の換気扇の大掃除を終えてからの作業なので、作業量としては少な目だが、明日と明後日はまとまった作業ができるかもしれない。



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


火曜と水曜で、予定された忘年会がすべて終わった。
まず火曜は採用同期との忘年会で、集合は「御徒町」。
幹事に案内された店は4人×3卓+2人2卓+カウンター6席の小ぢんまりとした店。

お通しは「鶏皮ぽんず」
画像


続いて「ひれの煮こごりと刺身」
画像


クローズアップ
画像

もちろん1枚ずつ食べるほど上品ではない。せっかくなので“ガッ”といかせてもらった。

そして「しゃぶしゃぶ」
画像


〆は「おじや」。何から何まですべておいしく、ひれ酒も継ぎ足すほどいい味に仕上がった。



翌水曜日の店は「新宿」。グルメ情報サイトでNo,1人気の店だそうで、HPでは京の料亭風の写真が出ていたのだが、実際は外国映画に出てくる日本のような、オリエンタルな感じの内装だった。(消沈)
画像
今度は名店の味を楽しみたいと言っていた。(そういうこと)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウト_ピット内枠 & 息子の事 ほか 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる