夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北地方太平洋沖地震 丸1日が経過して・・・

<<   作成日時 : 2011/03/12 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

余震のほか未明には新潟で震度6強の地震。秋田沖、長野でも短時間に震源の浅い地震が起きていた。

【心境】
・ひと晩中大小の余震が続き、家族皆とても不安な一夜だった。
・母親に電話するも、昨夜はなかなか繋がらず、繋がった時には今夜の備え(防寒と割れ硝子)を伝えるのが精一杯。
・強い余震とライフラインの遮断に備え、防寒の準備をして今夜は家族で寄り添って雑魚寝。
・眠っても短時間で目が覚める。

【息子ら】
・長男は平穏を保っている。
・小学4年の次男は心労で昨夜の夕飯、今朝の朝食が食べられず、今夜の夕飯も細かった。
・またNEWSで被災画像が映し出されると不安と悲しみを思い出したように神妙な顔つきになった。

【通信】
・昨夜は携帯電話は通じず役立たなかった。
・繋がる頻度は「携帯発-携帯着=×」「携帯発-固定電話=×に近い△」「固定-固定=△」。
・非常時直後はすべての通信手段が不通。
・インターネットも各情報サイトは繋がり難い。
・メールは「新着問い合わせ」をしないと受信できない。

【交通手段】
・鉄道は保線区員の目視点検と回送列車を運転して安全を確認できるまで運転抑止が続いた。
・その後、運転を再開しても再度抑止となった。
・高速道路は通行止め。幹線道路は大渋滞。
・被災当日は終業を早める企業や団体が多いので周辺道路は早くから渋滞が始まり、自転車が有効。

【その他】
・昨日は自宅の被災を確認。一部壁紙が破けたところがあったが、躯体は無傷。
・当地のライフラインは遮断することは無かった。
・夕方当地は赤水が出た。そのため自宅そばの自販機で水を購入。
・その後浄水場付近の一時的な停電が原因だと防災無線で放送があり、約2時間後には復旧した。

※時間が経過するにつれ被害の大きさがあからさまになった。
※もっと震源が近かったら、こんな程度では済まないだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北地方太平洋沖地震 丸1日が経過して・・・ 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる