夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 架線柱の試作 と クルマ用品

<<   作成日時 : 2010/12/18 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

架線柱を建立するための基礎部分を試作。
画像

この基礎はイーベル製単線架線柱を高架区間に設置するための物。
画像

実物でも線路側壁の外側に張り出して設けてあり、その形は各社各様。当レイアウトでも4種類の基礎をプラ坂で作ってみた。
画像

4種類とも取付面から架線柱中心まで15mmで、手前から「縦型」「台形(厚さ10mm×張出し20mm)」「台形(厚さ15mm×張出し20mm)」「台形(厚さ15mm×張出し25mm)」。
画像
画像

画像
画像

好みは手前の縦型。しかし台形で底部を傾斜させた角錐状の物も、高架脚の梁の延長部に設けられたように見えるのが好ましく思えたので試作してみた。
画像

作る手間は掛かるが、この角錐もいいなぁ・・・。


続いて先日購入した材料で架線柱を試作。各部の寸法はイーベル製品を基準にしたが、架線中心から柱までの距離が製品と現場では一致しないので、設置現場に合わせる必要から自作することにした。
柱はφ5mmプラ棒。ビームはφ1.2mm黄銅線。碍子には交流碍子(もしくは6段碍子)を使用。ビーム中央のたすき部には0.8mmのアングルを使用した。
各部をハンダでチョン付けし、こんな感じに出来上がった。(塗装していないので違和感がある)
画像


この形状はトンネル開口部に天吊りするための物で、現場に当ててみると大き過ぎたのでダウンサイジングしてみた(左)。
画像


なかなか、いい雰囲気。
画像

地上区間には門形の複線架線柱を設置したいが市販品が無い。
自作するには厄介な形だなぁ。



途中、ちょっと重い荷物が到着。
画像

画像
価格で選んだためローダウン用となった。
画像

今まで車載パンタジャッキを使ってタイヤ交換していたが、これからは少しは楽になるだろう。


夜明け
画像
早く目覚めたので、架線柱の基礎をシコシコ。

今朝の空
画像


さて、今夜は家族で会合出席。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
架線柱の試作 と クルマ用品 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる