夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都で(2日目)

<<   作成日時 : 2009/08/29 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

宿泊中3回温泉につかり、たっぷり寛ぐことができました。清々しい朝でした。
画像

出勤時と同じ時間に目が覚め、ひとり朝風呂へ行こうしたら息子らも起き出し3人で朝風呂です。
朝食は湯豆腐。
画像

朝のんびりしたかったので11:00の送迎バスに乗る予定でしたが「次の目的地をゆっくり観て回りたい」と長男の希望で急遽9:30のバスに乗ることにしました。
るり渓付近は山村の雰囲気が濃く映画の舞台になりそうです。
画像

逆に日生中央に近づくと郊外の新興住宅地です。
画像

帰りも阪急利用で梅田まで逆戻りです。
画像

日生中央発、川西能勢口への直通電車に間に合いました。
背中側は行き止まりの電留線でした。
画像

川西能勢口で梅田行きに乗り換え・・・
画像

(ドア改良車は内装が濃くなった?)などと考えながら次男とおしゃべり。
「次のじゅうそう駅はこれから乗る京都線と神戸線の分岐駅なんだよ」
「漢字で十三って書くんだ」
「でも梅田まで行って始発電車に座ろうね」
「ジグソーパズルと同じ新型車に乗れるかなぁ」
「どうだろうねぇ」
と、何気なく京都線ホームへ目をやるとチラリと妻寄りのドアが見えました。
(梅田で1本待てば座れるかなぁ・・・)

双方梅田に向け発車し、次第にその車体が見え

連窓?


 6300じゃん!


  えっ、しかもトップナンバー!!!


一瞬にして父親からテツへ変身。
(全廃が噂されている電車で1975年製の名車。1部は3ドア4輌編成に改造され嵐山線で余生を送っています)

頭の中は「11:00発の特急かぁ、間に合うかなぁ、子供らは座らせないと・・・」
電車が止まり、子供の手を引き「電車来てるから急ぐよ」と早足。
心の中では「トイレって言わないで」との祈り声が・・・。

階段を上って京都線ホームへ。辺りの様子を見渡し・・・。
画像

古都京都をイメージしたと言われる発車サイン音を背に、何とか1枚パチリ。
背後では若い女性が電車を撮影していました。鉄子さん。

ひとり興奮し、途中車窓から沿線の思い出を確認。
正雀では、前の会社の時に無理(=ライバル)を言って工場を見学させていただき、車輌検査技術について意見交換しました。
次は梅田で確認できなかったコレ
画像

最下段に「この電車は2ドア車です」と表示されてます。乗車中の6300系しか2ドア車は存在しません。

次は大山崎。
かつてデイ100と特急つばめが競争したと言われる阪急とJR線が交差する地点。

その次。
画像

サントリー山崎蒸留所です。旅行前に見学を却下された工場です。
この工場をレイアウトに建設するための取材をしたかったのですが、却下された以上仕方ありません。
(やはり根に持っている)

今思えば終点の「河原町」まで行って6300系を撮ってから目的地へ向かえばよかったのですが、我慢できない事があり手前の「烏丸」で下車。向かったのは長男ご希望の、
画像

「梅小路蒸気機関車館」です。ここでタップリ時間を過ごすことになりました。

ここにはいくつもの蒸機が展示されており、また乗ることもできます。今月はC61です。
画像


キオスクのおばちゃんが外に居たので声をかけたら「前の会社同じだよ」と。30分くらいその会社の思い出話に花が咲き、「久々楽しかったよ」とおばちゃんが喜んでいました。
各自思うように「鉄」をし、遅めのランチ。ランチはココです。
画像

梅小路「ん」です。
画像

店内に小川が流れているおしゃれな店です。日替わり定食(ハンバーグと海老フライ)を頂きました。

昼食の事で次男が機嫌悪いので、次の目的地付近までタクシーで移動。
目的地付近で次男は「ピザ マルゲリータ」を食べご満悦。じゃ移動しましょう。
向かったのは「永楽屋 細辻伊兵衛商店」です。手拭いの老舗です。
3月に来た時もここで手拭いを買いました。長男はお台場でレーサーにサインしてもらった手拭いを飾る専用の額縁をここで買いたかったそうで、しっかり品定めしていました。(意外と高かった)

ちょっと口数が少なくなり、皆お疲れのようです。早めにホテルにチェックインすることにしました。
ビジネス系ツイン2部屋予約しました。が、部屋には私と長男と次男。(何で3人???)
シャワーを浴び、ひと寝入り。食事は近所のまぐろ専門店へ。
でも息子らの食が進まず早々に切り上げました。

ここからは夫婦水入らず。「さつき」へ行きました。
店の入り口で
画像

足元の行灯に沿って奥へ進みます。
玄関の飾りは若女将が毎日手を入れているそうです。
画像

店の奥から鴨川べりに出された川床。ここの川床は実は初めて見ました。結構賑わってます。
画像

いつ来ても落ち着きます。
画像

画像
(深い意味はありません)
女房もこの店が気に入ったようです。色々話ししているうちに酔いが回りました。
画像

若女将に見送られ、外はまだいい雰囲気でした。(行灯の左側が高瀬川)

ラッキーな出来事。
さつきでの一杯。
大満足な1日でした。(家族は?)

寝てます。しかも1人と3人で。


京都(3日目)へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
よかでしたね。
梅小路機関区は手前迄行きましたが、そこからがおくが深く行けませんでした。
京都でのデートは羨ましいですね。
我が家は夕飯でサイゼでした。
小粋な店に行かたかったのだけど、子供がいると粋な店より胃袋を満足させないと。
ブラックボックス
2009/08/29 21:39
今回は息子らに事前に言い聞かせ&DS持込を許可しましたので、部屋で大人しくしてました。
エツ
2009/08/29 22:17
DSは禁断の切札ですな。
ブラックボックス
2009/08/30 06:02
ちゃんと言えば、理解してくれる学年に成長したのでしょう。
父親の方が子供っぽかった1日でした。
エツ
2009/08/30 07:06
落語の初天神でも分かりますが、男は基本子供なんですよ。

ブラックボックス
2009/08/30 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都で(2日目) 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる