夜汽車の車窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都へ(初日)

<<   作成日時 : 2009/08/28 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夏休みを利用して京都へ行きました。
画像
のぞみで行くからね」
次男のご希望で”N700”です。
画像


まずは一服
画像


降りたのは「新大阪」。(京都へ向かってます)
JR京都線で次の大阪へ。
駅を出て、ちょっと歩いて向かったのは・・・
「阪急梅田駅」
画像


阪急梅田駅は「京都線」「宝塚線」「神戸線」が発着する、建築学的にも非常に価値の高い日本最大級の民鉄ターミナルです。

さあ、電車が入ってきました。
乗ったのは・・・
急行「宝塚行き」(京都へ向かってます)
画像


途中、川西能勢口で能勢電鉄に乗り換えます。(京都へ向かってます)
画像

直通ではなかったので、一駅手前の「山下」で乗り換えました。
画像

この「山下駅」は特徴的な駅で、乗客は向かいの電車に乗り換えるのですが、電車が一旦駅を発車して少し先で停まり、バックし再び「山下駅」の別のホームへ入り終点へ向かいます。
関東だったら「連絡橋をわたって○○番線の電車にお乗り下さい」となりますが、ここ「山下」では乗客の代わりに電車がスイッチバックして隣のホームへ移動します。

さて終点に着きました。
「日生中央」(京都へ向かってます)
画像

ここまで来るのにずいぶんと兵庫県・大阪府を行き来しました。クルマは圧倒的に神戸ナンバーが多かったです。

ここからは宿のマイクロバスで移動です。約30分山奥に向かって走ります。
(京都へ向かってます)

やっと着きました。
画像

「るり渓温泉」です。

ここは京都府北部の「丹波・篠山地方」に属し、黒豆やマツタケなどの産地です。
JR山陰線「園部」駅からも送迎バスが出ていますが運行本数が少ないので「日生中央」へ周ったわけです。
(本音は阪急電車に乗りたかったからです)
(往復園部を使うと阪急はカスリもしませんし翌日の楽しみも無いので・・・)

京都・大原にも温泉があるのですが次男がバスに耐えられないので、ここ「るり渓温泉」にしました。
(それでもちょっと酔ったみたいです)

宿に着くなり早速「探検開始」
画像

画像

(うそっ!)
画像


パンも焼いていて、売店でも買えます。
画像


しいたけ狩りや
画像


BBQができ
画像


カブトムシの養殖???
画像


「ゼロ戦研究所」には本物のゼロ戦が格納されてました。
画像


温泉棟には「涅槃の館」があり、岩盤浴や暗い部屋で妄想に耽られるような施設になってます。
画像


部屋に戻り、ひと風呂浴びたら夕飯です。
今回選んだ料理は「自家製味噌と地鶏の鍋」です。
画像

画像


久々の日本酒が効いたせいか、写真ブレてしまいました。
画像


本当は食後に天体観測しようと「貸し天文台」を予約してましたが、何せ山の天候なので雲に覆われやむ無くキャンセルしました。


さて、翌日ですが・・・
予想もしなかった非常にラッキーな出来事がありました。

続きは「京都へ(2日目)」に記しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
N700ですか、私も同じ所で写真を撮りましたよ。
私は無くなる前に500系に乗りたかったのだけど時間があわず駄目でした。
ブラックボックス
2009/08/29 17:53
次男の希望です。でも静岡辺りで飽きたらしく寝てました。
エツ
2009/08/29 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都へ(初日) 夜汽車の車窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる